白癬菌は40℃の酢に20分浸すと死滅する?

白癬菌を40℃の酢に20分浸すと死滅する?という報告があるそうなので、水虫を酢で直す民間療法があるので参考までにご紹介しておきます。

 

<準備するもの>

  • お湯(41度~42度)
  • 酢(ふつうの穀物酢で大丈夫です。)
  • 洗面器
  • タオル

 

<やり方>

  • 洗面器にお湯を入れて、湯と酢の割合が10:1になるように酢を入れます。
  • 10分から20分ほど足をつけます。
  • 終わったら足は洗わずにタオルでよく水気をふきとり乾かしてから靴下をはきます。
  • これを毎日1~2ヶ月続けます。

 

 

爪水虫の症状がなく水虫だけでそれも初期の人には効くかもしれませんが、

 

水虫の原因菌(白癬菌)は、肌の奥深くにもいて治ったようにみえた水虫が、しばらくするとまた再発することがあります。

 

中途半端な水虫退治は水虫に耐性をもたせてしまうので、長引く水虫でお困りの方にはあまりおすすめしません。

 

また、酸性の酢は皮膚に刺激があるので、かぶれてさらカユミがますこともあります。

 

原因菌に耐性をもたせる間もなく一気に退治しながら同時に皮膚をなめらかに保つ成分を配合しているぬり薬をぬるほうが何倍も効果的です。

 

ましてや、すでに爪水虫になっている方はおやめになったほうがよいでしょう。

 

浸透力の高いクリアネイルショットをお使いになることをおすすめします。

 

クリアネイルショットの効果や口コミ